引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 02日

恋愛と引き寄せ 2

引き寄せの法則本では、どうもはぐらかされてる気がする

というか、どうも法則の範疇にはないというニュアンスなのか

「理想のパートナーと出会う」

まあ、それはそうなんだけどさ

なんだろ?

何が違うのか

誤解しているんだろうか

考えてみた

自分の今の「その(特定の)人」は違うのだろうか

ちょっと一歩下がって

どうしてもという場合

「他人を変えることはできない」ということに立ってみれば

世にあふれている恋愛指南書の

「あの人を振り向かせる秘訣」とか

「あの人をあなたに夢中にさせるテクニック」

などというのは、表面だけの無責任極まりない話なのかもしれない

勘違い、誤解を招くだけの話

ならば、自分自身が良い流れに乗って、その結果

理想の人と出会うのが引き寄せであって

誰かにこだわる、あるいは「執着する」ことは

流れに逆らっていることかもしれない

一時的に相思相愛であっても、(片方の)押しの一手であっても、あるいは一方的無理やりでも

お互いの本当の姿を知らないで、見抜けないで、誤解したままであったとすれば

良い結果にはならない

良く聞く話は

結婚して彼(彼女)は変わってしまったよ(がっくり)

なんてことだが

実際は元の姿が露呈しただけで

その人は何も変わっていない

誤解してた(させてた)だけ

時には冷静になることも必要


だから何を言いたいかといえば

恋愛に関して

あなたが(今の特定の)あの人を引き寄せることはできない

なぜなら(上にも書いたが)

「他人を変えることはできない」から

ただし、いずれ

理想のパートナーに出会うことは可能だろう

ということかな

でも

もしかして、それが今の彼女(彼)かもしれない(そうだったらいいね)

それこそ理想的だね
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-11-02 14:13


<< 理想のパートナーってなに?      変えることと影響すること >>