引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 04日

何かを失ったら、必ず何かを得る

例えば

誰かを思い、プレゼントを渡したとする

その相手が、喜んでくれれば十分だろうし

それが後に何か返ってくれば、喜びは倍増するだろう

しかしもし、プレゼントをあげたのに、なにも反応がなかったとしたら

あなたは大事な何かを失ってしまったのだろうか

あげ損だったのだろうか

そんなことはない

あなたはミッションを無事完了した

それで満足だろう 違うか?

何度も繰り返し書いているが、

あなたが他者を思い通りにすることはできないし、その逆もまた然り

あなたが相手にプレゼントすることを考え、いろいろと思いを巡らせ実行に移した時点で

十分な喜びを受け取って満足しているはず (自分の思いを物質化するというMagicだ)

あなたのプレゼント大作戦は完結しているのだ

それより先のことは、上に書いた通りで、あなたの掌中にはない
 (もしかしたら、それが苦手だったり好みじゃなかったり、同じモノを持っていたのかも知れない それはあなたのせいじゃない)

それにもし、プレゼントした事への”見返り”を期待していたのにそれが得られないと
(他人に期待してはいけないと、あれほど言ってるのに!)

あれこれ思って(がっかりしたり、恨み始めてしまったり)いるのなら、

あなたのプレゼントが腐り始めていることにも気がついていないのだろう

だから、有りもしないモノに執着しないで、さっさと手放せば良い

あなたは片思いとしての結果を出してすっきりしたのだ

その先はまた別のストーリーだ


もう少し解り易い例を挙げておくか

スポーツ選手が故障してシーズンを棒に振ったとする

そのスポーツ選手はそのシーズンの評価、稼ぎを失うだろう

リハビリしている最中

ぶつくさ文句を言いながら嫌々やっていれば、翌シーズンの展望は明るくないかも知れない

しかし、リハビリに励みつつ身体を動かせない分、その時間を他のことに有意義に使っていれば、

翌シーズンは、故障を感じさせないほどの活躍、飛翔を見せるかも知れない

状況は同じでも、考え方感じ方によって結果が違ってくるのだ

前者は、自分の過去の栄光に執着していて未来が見えていなかった

後者は、現状を受け入れ、その時点でベストを尽くした

失ったのなら、執着せず

そうすれば、必ずそれを埋める何かがやってくる
[PR]

by hikiyose-kou | 2015-06-04 13:57


<< 何かを失ったら、必ず何かを得る...      諦めかけてたら願いが叶う? そ... >>