引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 46 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 30日

アマゾンの引き寄せ

出落ちタイトルみたいなw

どうでもいい、書かなくてもいいようなことだけどさ

多くの人が知っている

アマゾンのサイトでは買ったり、「いいね!」ボタンをクリックしたり、「ほしい物」に入れたりすると

どんどん引き寄せてくるw

てか、お勧めを並びたてられるw

引き寄せを機械的にやってるみたいな

商売のうまい人はこういった事を実践しているのかもしれないな
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-30 10:32
2012年 10月 29日

恋愛の感情なんか

どうなんだろう?

例えば片思いの苦しい感情は、悪い感情なんだろうか?

嫉妬心が良くないことは(ホントにか?)、わかる気がする

相手を思う切ない気持ちはどうなんだろう

恋愛においては、全て良い感情ばかりでなく、いろんな思いが渦巻く

そんな直線舗装真平らな恋愛なんてないでしょ

一緒に居ればいつも幸せ

のはずが、現実はなかなかそうはいかない

いろんな事を乗り越えて、やっぱり二人で居ようとか思ったりする


心理学のある学説によると、男には愛情ってもんが希薄であると

女性にはちゃんと愛情はあるらしい

それが「母性本能」とか呼ばれているのだろうか

男のそれは、それはセックスに結びついた勘違いであると言う

コレには、いくら学者さんとはいえ、猛反対したいところだ

それはともかく

引き寄せの法則、エイブラハムの言うことは、セックスに関しては割りとドライ

というか、あまり感知しないようなことをいっていた様な気がする

恋愛を繰り返す人は、それからまだ十分なものを受け取っていないのだと

好きにすればいいと

他人を羨む人は、その代わりに自分が受け取っているものを忘れているのかもしれない

その羨む対象の人が、受け取れなかったものを知らないのかもしれない
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-29 15:58
2012年 10月 26日

瞑想の件

した方がいいとある

それは禅に近いものだろうか

てか、同じ?

案外、仏教は近い考え方もあるのかもしれない

いや、わからんがw (←無責任なやつ)

でも昔から、精神統一とか、自己催眠とか、心を落ち着かせる手法として、同じようなものはあるし

普通の顕在意識から、潜在意識、無意識の領域をなんとか掴み取ろうとする試みだろう

無我の境地?

瞑想、座禅とは異なるが、様々な場面で、極度に集中力が発揮される時

もしかしたら、それに近い意識レベルなんじゃなかろうか

よく武道やスポーツでで驚異的、超人的な技やプレイが見れることがある

でもインタビューでは本人が「無我夢中でした」「よく覚えてません」

などとコメントし、実は本人もわかってないというのがあるようだ

素人は

あーそんなもんかなー、でもすげーなー 天才だなー

などと、漠然と思うしかないが

要するに思考レベルが論理的組立、手続き型を超えちゃって

オブジェクト指向的な、目的一直線達成的な何かになってるのかなと

瞑想も、ただ動かないだけで、脳内で同様の活動を実行できればいいのかと
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-26 14:50
2012年 10月 25日

特定の人との恋愛の場合 2

※前回(特定の人との恋愛の場合)言い忘れてたけど、私ただいま片思い中w
 既に告白というか、2回誘ったけどダメだしくらってるしw
 でも小さなプレゼントとかはフツーに受け取ってくれる

もとい


だからさー、やっぱりあいつがいいんだって

あいつじゃなきゃだめなんだって

執着するなと言われても、そうは簡単にはいかないのが人の常w

恋愛って、そういうもんじゃん

逆に、誰でも良いから、っていう方がおかしい

困ったなー、困った困ったw

うん、私の場合、やたらとアプローチするのをやめた

その行動で、結果を期待しているのだから

アプローチするって事は、相手にその反応を期待してるわけで

それが期待通りに得られないと、余計に傷つくし

冷静になってみれば、相手はホントに何もしてなくて、勝手に自分の中でいろいろ考えているだけ

独りよがりで、負のスパイラルに落ちそうな感じ

だから

駆け引きじゃなくて

極力避けてる、っていうか普通にしてる

やっぱりちょっと苦しいけど仕方ない

引き寄せの法則では、「行動じゃ変わらない」と言われてる

片思い相手のことはひとまず置いておいて

「私はとても幸せな恋をしている」とか

言葉にして幸福感をイメージしてる

「だってしょーがないじゃないかー」(えなり風)
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-25 17:15
2012年 10月 25日

最近はじめたこと

最近は、TV、新聞、雑誌を見なく、読まなくなった

ツイッターもたまにしか見ないし、書かない

離れてみて感じるのは、世の中にはガセやどうでもいい情報が多すぎること

それらを自分が判断する、噛み砕く前に次が入ってくるので、考える間もない

整理もしないので、繋がりもわからない→メディアに頼って誰かの受け売りしかしゃべれない

冷静になってみれば、しばらく前まで夢中になって活動していたことが、まるで誰かに踊らされていたように思えた

今はかなり静かになってきた

・・・

それはともかく

自分の事を考えている

最近は、寝る前に引き寄せ関連の本を少しだけ読み進めて

その後、電気を消して、ベッドに座り、目を閉じて静かに深呼吸

おもむろに一日への感謝と出来事一つ一つを肯定的に思い直す

考えるんじゃなくて、思うだけ

その後、幸福感をイメージして、いろんなことに思いをはせる

幸福の理由は考えない、というか幸福感を感じることだけにする

今の季節は、少し肌寒く、裸足の足も少し冷たい

でもコレをしばらくやっていると、その足先まで温かくなってくる

穏やかな気持ちになったところで眠りにつく
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-25 10:33
2012年 10月 24日

~本質より 7

本書の最後の方になって、また「信念」が登場する

"物質世界には、より大きな知識にそぐわない信念がある。"

この場合は、否定的、「(間違った)思い込み」と言う意味だろう

同書では肯定的な「信念」も同時に使われているので、つまらないこととは思いつつ、どうも引っかかる

訳者も、ここは注意して、言葉を替えて欲しかったと思う

ま、どうでもいいんですがねw
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-24 08:49
2012年 10月 23日

~の本質より 6

"物事を引き起こすのはあなたの行動ではなく、意図である"

"物事を引きこすのが、存在状態を通してだと"

"存在状態から、行動がひらめくのだ。行動は存在状態を高めるものだ"

初めて(引き寄せの法則を知らないで)ここだけ読んだ人がいたとしたら、なんのことかわっぱり理解でき無いだろう

コペルニクス的転換と言ったらオーバーかな

私たちが教え込まれてきたのは、「まず行動せよ」なのだから

この事を抜きにして考えても、目標、目的のある行動は、迷いや無駄が無く、最後には鮮やかに目的が達成されるものだ

風に吹かれる落ち葉のような、目的が無く、主体性の無い行動は、何も引き起こさず、何も達成されない
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-23 09:16
2012年 10月 22日

台詞

ある映画監督が言ってた

実世界では、台詞ってのは存在しない

普段、人は言葉を考えて決めてから、話すことはしない

心のまま言葉にしている(本音)

役者の台詞は、虚構であり、順序が逆

役者は台詞から、登場人物の心理を推し量って遡り演じる

・・・

この役者と台詞の例えが適当かどうかわからないが、ヒントくらいにはなるかなと


引き寄せの法則関連でも、他の宗教的なものに比較すれば単純で少ないが、「唱える言葉」的なものはある

それは、定型句ではあるが(思考を向けるために)、口から発せずとも、唱える?ものではある

そう、思念の発露的なものではないのだな

役者のように、気持ちを込めることができるか

モノの指導書などに寄れば、言葉で発することが大事とある

言葉に発することで、自分に言い聞かせると

その辺はどうかわからんが、ある程度は信じてみるしかないかな
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-22 17:02
2012年 10月 22日

ちっとも幸せになれない人々

その原因は、自分の外にあると信じてる

世の中的に、(自分に)何か足りないんだろうと

お金?容姿?人間性?

そう、なにか足りないと思っている

その何かが充足されれば幸せになれるのだろうか

そうでもないみたいだよ

そうそう簡単では無いらしい

てか、的がそこじゃなかったりするんじゃ?

そもそも他人と比較している時点で、幸せと言うのがわかってない?
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-22 15:14
2012年 10月 22日

~の本質より 5

~の本質では、「信念」が度々出てくる。

同書だったか、他の作品かは確認していないが...

「信念なんてものは窓から投げ捨ててしまえ」的な(そうは書かれていなかったが、私の受け取り方で私の中でそういう言葉になった)

または「信念は長い間考えてきたことに過ぎない」 「思考のくせのようなもの」
※このことは以前の記事でも書いた

そのような記述があった。

だから、私は同書で「信念」を目にする度に違和感を感じた

それは私が今まで使っていた意味と同様なニュアンスで使われていたから

しかし、こうも思った。

きっと訳者は違う言葉として使っているんだ

いや、他にどうと言うことは無いのだけれど

ちょっと気になったもので記録しておくことに
[PR]

by hikiyose-kou | 2012-10-22 11:53