引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

恋愛は人を幸せにするのか? その1

引き寄せ本のどれだったか忘れたが

恋愛で、自分の幸せを人に託すなんてことしていいの?

自分の幸せは自分のもの

それを他人に依存することは馬鹿げている

そう言われた

他人は自分の思ってるようにはなってはくれないし (それが後に別れる原因になるし)

もとよりその人にも自分の幸せがある

だから前提として、自分の独立した、他人に頼らない幸せが大事だと

それはそうだな

具体的にどうすればいいか

途方にくれてしまうけどね
[PR]

by hikiyose-kou | 2013-05-29 23:34
2013年 05月 29日

理性と本心(魂)のあいだ 9

理性は何処へ行っていいのかさっぱりわからない

いくら考えてもわからない

いつも堂々巡りか、袋小路

いくら本を読んでみても、誰かに聞いてみても

いつも無駄足ばかり

振り回されるだけ振り回されて

疲れ果てる

魂は子供のように無邪気に笑ってる

お前はいいよな

と理性はまるで親のような顔をしてる

自分が誰なのかもわからないくせに
[PR]

by hikiyose-kou | 2013-05-29 23:27
2013年 05月 26日

理性と本心(魂)のあいだ 8

前記事のことは、考えてみると本当に興味深い

赤ん坊が生まれると、直後はまだ言葉も動作も何も学んでいない状態

ただ魂のままなのだろう

次第に周囲を観察し始め、いろんなことを学んで自我が芽生えていく ・・・ ちょっと違う

ここんところの理解が違うのだろう

大人は(後からできた)理性が自分だと思ってしまっているのではないだろうか

理性に、「俺は何をしたいのだろう」「俺の幸せは何だろう」と自問したところで、答えは返ってこない

もうちょっとかな
[PR]

by hikiyose-kou | 2013-05-26 22:46
2013年 05月 25日

理性と本心(魂)のあいだ 7

「願望実現の法則」リアリティ・トランサーフィン〈2〉に驚くべき記述があったので、引用する。

"魂(潜在意識)は生まれたときから人に備わっている。"

"意識が現れるのは、取り巻いているすべてのものが人間の言語によって概念や定義として定まったときである。"

中略

"世界を自分の概念で表すこと関して、人の魂は常に無力のままだ。"

"魂は人間の言語を理解しない。"

"魂が理解するのは、私たちが習慣的に感覚とみなしていることだけだ。"

"最初に思いが起こり(想念)、その後、思いは言葉にまとめられる。"

"言葉がなくても思うことはできる。それこそが潜在意識にとって理解される言語のことでもある。"

"最初にあるのは、言葉ではなく、思いである。"

"理性の言語を用いて潜在意識と話すことは無益なことだ。"

引用終わり

このことは私が知りたかった、理解したかったことに最も近い。これが真実であれば。

魂=潜在意識 という点は、まだよくわからないというか100%納得はしていない。

そう、エイブラハム本では、ここまで踏み込んだ記述はなかったと思うので、リアリティ・トランサーフィンを呼んでよかったと思っている。
[PR]

by hikiyose-kou | 2013-05-25 22:58
2013年 05月 17日

引き寄せからみた青い象。 その1

「青い象のことだけは考えないで! 」を読んでいる

この本ではいわゆる脳科学から人間の思考力について述べられている

引き寄せの法則とは、相容れないもののように思われるかもしれない

単なる心理学的テクニックだけなら、読む価値もないだろう

この本はその類本ではなくて、人間の思考の核の部分はどこなのか追究されている

その中に

"~「意識」は氷山の一角でしかなく、私たちの人格の大部分は無意識の中に隠れている~"

また、アントニオ・ダマシオの言ったこととして

"「情動」は生きる上で重要である ~ 情動は私たちの理性の力を奪うようなものではない。"

"人は「情動」があってこそ理性の力が働くという。"

さらに

事故や病気で「情動」を失った人間は、もはや合理的な判断ができず、生存能力がないという

"なぜなら私たちの情動は、自分にとって何がよくて何が悪いのかを感じさせてくれ、"

"自分の行動を適切な方向へ導いてくれるものだからだという。"

また、心理学者リチャード・デビッドソンの言葉として

"人間はみな、「感情の型」を持っていて、それは脳の中に映し出される感情の指紋のようなもの~"

"私たち一人ひとりの個性は、私たちが何を考えるかだけではなく、何を感じるのかにも大きく左右されることは確かである。"

これらの記述は非常に興味深い

脳科学が情緒的なものを否定し、生体的、科学的、あるいは物理的観点からのみ

脳の謎を解き明かしていくのだと先入観を持っていたが、そうでもなくて、なかなか面白い
[PR]

by hikiyose-kou | 2013-05-17 08:50