引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

exercise

最近、ライフログに追加した「こうして、思考は現実になる」を読み始めた

引き寄せには訓練が必要だという

単純に、ちょっと考え方を変える、視点を変えただけではダメだと

思考のくせを直さなきゃならん

なるほど

知識だけ増やして頭でっかちになっただけでは何もかわらん

それにはごく小さいことからはじめて

感覚をつかんでいく・・・

あんまり理屈っぽいことばかり言っててもしょうが無い

少しずつでも実践していかないと

ちょっと良いか悪いかわからないが、最近やってるのは

毎朝、TVのzipでやってるおみくじみたいなの

30分毎にあって、リモコンの4色ボタン選択のやつ

朝のばたばたした時間の中で、できる範囲でゲーム感覚でやってる

直感がこないかなーと思いつつ

まあ、当たったりダメだったり・・・今のところ進歩がないな

魂は、こんなの興味が無いのかな

それ以外には、

出かけた際に店の駐車場などから道路に出るとき

いつもその時には、通行車が途切れてスムースにでれるイメージ

これは結構良い感じ

なぜかよくわからないが、大抵すぱっと出れるようになってきている

 ありがとうございます。と感謝

または、横路から大きな道路に合流するとき

入れて入れてと前に出つつアピールするのをやめて

遠慮がちに鼻先を出さずにいると

すぐに割り込ませてくれる人が現れる

 ありがとうございます。と感謝

これは日本人の特質によるものだろうか?

ともかく

そんな、ちっちゃなことをっw と、笑うでないよ

上に書いたように、いろんなことで幸運をつかむ感覚を日頃から訓練することは大事だろう
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-31 11:34
2014年 07月 30日

意志と意図の違いってなんだっけ?

どの本で読んだのか忘れてしまったw

意志と意図の違いについて、しつこいくらいに書かれてた

そのときは、なんとなくわかったような気になっていたが、

後から思い出してみると、かなりあやしい


人間の思考は理性に毒されている

理性は生きる手段みたいなもの

そのへ理屈をこねくり回して、いつのまにか、本来の目的があやふやになり

妙な欲や、他人からの入れ知恵で捻じ曲げられたり、途中下車してしまったり

あれ?俺は何でこんなところへ来てしまったんだ?

てなことになりかねない

自分の意志だと思っていたことが、実は他人に操られていたりする

意図

突き飛ばされたり、なんかわからないが、その方向がいいように感じたり

流れだったり、心地よかったり

自分の理性の及ばないところで、何かの意図が働いていること

後から振り返ると、ただの偶然と見えていたことが不思議な繋がりだったりすること
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-30 23:36
2014年 07月 29日

浮気してると思い込む

だから、あなたの彼氏彼女を疑うとき

あなたは、逆に、そうされようと願ってしまうことになる

「いやいや、そんなこと絶対にない、私は彼氏彼女を愛してる」

と言い張っても

心の奥深く

「浮気しやがったら、どうしてくれよう、ただじゃおかないぞ」

あるいは

「私はなんて不幸なんだ、悲しくてもう生きていけない」

と、愛情とは逆の嫉妬、または悲劇のヒロインの妄想を膨らましてしまうのだ


魂は主語を理解しない

その嫉妬の部分だけ、自分自身に向けてしまう

悪いことは、良いことよりも数倍のパワーを持っている

だから、悪いことが起こらないようにするには

いや、もとい

良いことが起こるようにするには

相当の良い思いがいるな
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-29 08:35
2014年 07月 28日

ちっとも前に進まない妄想

目的ははっきりしているのに、ちっともそこへたどり着かない

よくよく考えてみたら、ありもしない心配ばかりして

遠回りばっかりしてて、心配の心配がまた心配を呼んで

しまいにゃ、何処へ行きたいのか忘れてしまった

たいていのことには、よい面と悪い面がある

それは当たり前で、悪い面の心配ばかりしていると、いつの間にかよい面がどんどん遠ざかってしまっている

なぜだろう・・・

人間の思考は引き寄せてしまうのだ

よいものも悪いものも区別せずに

その通りになる

それだけだ

訓練が必要だな

自分は、嫌なことを考え始めてしまった時、それに気づいたときに

このことを考えるのはやめにしよう

と、自分に言うことで、すっぱり切り替えることができるようになった

まだ不完全だけどね
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-28 23:35
2014年 07月 27日

荒木飛呂彦氏と量子論 前振り編

ジョジョの奇妙な冒険の読者なら、ピンときた方も居るだろう

特には「スティール・ボール・ラン」(以下SBR)を読むと、氏は量子論に相当精通しているだろうし、

引き寄せの法則にも相当詳しいに違いないと確信できる

これ以前のJoJo作品ではその傾向はあまり無いかもしれないが

SBRでは影響が色濃くあると思える


しかし、書き始めておいていまさら無責任ぽいが

この件について詳しく述べることは、相当の知識と考察を必要とする

今後、どの程度この話題を出していくのかはわからない

てか、荷が重すぎるかもw

それでもいくつかは、書いてみたいと思うポイントもあるので、そのうち記事にするかもしれない

ごめんね、いい加減でw
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-27 23:26
2014年 07月 25日

自分の本心が現実になる?

うん、まだ仮説というか、ちょっと言ってみただけw

というのは半分は冗談で

自分の本当の意思というのは、自分自身でもなかなかわかってないと思う

たとえばだが、

兄がまだ幼い弟をいじめるのは、それが決して本心じゃなくて

弟が生まれる前は、自分が独占していた母親の愛情を取り戻したいから

でも、そんな兄を母親はしかってしまう

兄はものすごい悲しみとやりきれなさに苛まれてしまう

大の大人がよくやらかす嫉妬も、それ自体が目的じゃないだろう

代替手段的なものだろう

いくつか前の記事でも書いたが、人の不可解な行動は、表面上の目的以外に裏の目的があって

いわばアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態だという理論

これと本心の話はちょっと違う気がする

※脱線だが、ハーバード流理論てのは、いつも思うのだが、一見見事に理路整然としていてすばらしい

 しかしよくよく考えてみるとどこか違和感というか、底の浅さというか、何かいつも物足らない

そんなことはどうでもいいのだが

本心というのは、もうちょっと奥にある気がする

魂に近い場所?

わからない、そうかもしれない

じっと感じていると、むずむずするなにか

いくつか起こった事を繋げてみると、ああと思える方向が見えたりする
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-25 23:41
2014年 07月 25日

幸せは集合体

毎日、つまらないことでイラッとしたり、がっかりしたり

たわいのないことで、幸せな気持ちになったり

幸せって言うと、何かでっかいものを思ってしまう

でももしかしたら

幸せって、ちょっとしたこと、幸せのパーツが組み合わさって

だんだん大きくなっていくのかも知れない

人はただ一面だけで生きているわけじゃない

食べもの、寝ること、住むところ、人間関係、仕事、遊び、趣味、恋愛、家族

いろんなことがすべてうまく回っていると、完成するのだろうな

仕事は完璧で満足しているけど、家庭はぼろぼろじゃ、そんなの嫌だし
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-25 17:22
2014年 07月 24日

現実は自分のもので、他人のものではないこと

嫌々やってたリすると、それは加速度ついて、嫌なことになる

他人にやらされていると、その時間は他人のためになってしまい、自分はどこかに行ってしまう

ちょっと、嫌だなと思っても、思い直して自分なりに楽しんでやれば、

その時間はあなたに返ってくる

幸せとまではいかなくても満足はできるだろう

だから現実は自分のものなのだ

それを手放してしまうのは自分の意思

だから何も思わずに現実に流されるのではなく、受け止めるのだ

目の前の現実は誰のせいにもできない

もうわかるよね

逆に言えば、現実はあなたのコントロール下にあるんだ

変えることができる

変えられないと思い込んでいると、変えられなくなる

こうしたいと思えば、そうなるものだ
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-24 23:25
2014年 07月 24日

幸せの無駄使いと幸せをケチってしまうこと

他人から見て、とても幸せな環境にいるのに

それなのに、本人はそれを感じてない

それを失ってみて初めて知り、悲嘆、後悔する

ありがちだよね

親子関係なんか、たいていそうなのかも知れない

子供は親の愛をめいっぱい受けて育つのに・・・以下略

それとは違うが

逆?なのかな

お金と暇は常に足りない と思ってる

いつも仕事に明け暮れる

常に将来の心配をしている

コツコツお金をためる

有給休暇をためる

せっかく買ったお気に入りの洋服を、ここぞ一発のために後生大事にたんすにしまっておく

ねぇ、それっていつ使うの?

今は幸せなの?

いつ幸せになろうっていうの?


ま、程度問題だが、自分にご褒美だとか、たまの贅沢とか言ってないで

今を楽しもうよ

子供と遊ぼうよ

家族や友達とすごそうよ

もう少しなんて思ってると、すぐに子供は大きくなっちゃうし、

家族も友達もいつまでも同じとは限らないし

それこそ後悔するよ
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-24 23:14
2014年 07月 23日

幸せの内と外

前記事の続き

幸せって、考えてみると漠としてる

見たい景色は違うはず

そのイメージをなかなか描けないから

どっかの誰かの幸せをまねたがる

もしかしたら、一生探し回って彷徨って終わるかも知れない

だから若いうちに人生の目標を定められる人ってのは

超幸せなのかも知れない

内側から見えるもの、外側から見えるものが違うってのはやっぱり重要じゃないかな

華やかに見える世界でも実は・・・

わかるかな・・・

自分をその場においてみて、何を感じるか

心からこれだと思えるのか、

または、あ、外から見えるのとじゃ違うんだな、がっかりだよ

と、思うのか

それを見分けるにはどうすればいいのか

だから、心から求めているつもりでも、実はどこかで間違ってる

引き寄せたくても、本当はそうじゃないだろって、言われてる


恋愛、結婚でもそうだろう

幸せなかたちばかりに憧れて

自分自身の準備を怠っていると、

こんなはずじゃない

と、相手を非難したりすることに

そうじゃないんだね
[PR]

by hikiyose-kou | 2014-07-23 11:38