引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 27日

幸せは自分の心にあると言われて、なかなか納得できない件

幸せは、自分の心、感情しだいだと、口すっぱくされて言われても

頭じゃわかっていても、いざ実践しようとなると難しい

なぜなら

人は日々、己の欲求のために行動しがちである

幸せは、もう少し先にあると思っている

※女性は、日々の生活に小さな幸せを見つける事を得意とするようだが、男性は逆にそれをどんどん遠いところへ持って行きたがる傾向がある

日々の生活を半ば無意識に、オートマチックにこなしてしまい、時折、瞬間の感情で判断行動しがちでもある

そういう行き当たりばったりの生き方に幸せは見つからないだろう、当たり前だ

きっと後で、後悔の念で思い出す

なぜあの時、幸せだと、気づかなかったのだろう

そりゃ、その時に「自分の心」がなかったからさ


あと、違う面でのことがある

前記事でも書いたが、それは、自分での感情の持ち方

わざわざ自分で自分を怒らせたり、悲しませたりすることがある

嫌な事を思い出したり、想像したりしてそれらを増幅させるのだ

そして、その感情を爆発させて、さらに悪い状況にしてしまう

なんてこった

じゃ、その反対をやればいい

前述の思いが起きそうになったら、冷静にそれを止めて

幸せ、楽しいこと、喜びについて思いをめぐらせる

そういうことに行動する

それだけで十分じゃないだろうか

思いは意識的な行動だけじゃなく、無意識の動作や周囲の状況も変えることができる

その辺が本質かな
[PR]

by hikiyose-kou | 2015-12-27 23:44
2015年 12月 21日

感情を納得するために考え行動してる

要するにそういうことらしい

感情は、感じることと言ってもいい

何かを自分なりに(感覚器からインプット)感じたら、

それはなんだろうと、自分の解釈を思考し始める

それで、「ああわかった」と、納得できたら、

必要があれば、何らかの行動を起こす

なければ、必要なら記憶(主には感情に結びついたものなんじゃなかろうか)するし、

不要なら、そのまま忘れるに任す

だからなんだ?

そう、その時、自分はどういった感情で考えているのか

それを外側的視点から眺めてみるのがポイントかな

どんな気分でいるんだろう

嫌な気分と感じられたら、「ああ、もうこのことは考えないほうがいいな」とか

違う視点で考え直してみるとか

そのぐるぐる巻きの思考からはなれることもできるかもしれない
[PR]

by hikiyose-kou | 2015-12-21 23:29
2015年 12月 10日

愛するためにお金を使う

誰かのためにお金を使うこと

プレゼントでも良い

ただお金をあげるだけでも良い

その事だけで、自分が幸せな気持ちになること

それで終わらすんだ

後から、見返りを求めたり

ぐちぐちと思い出すことはしない

そうしてしまうと、そのお金は等価交換、何かモノを買うこと(あるいは何かのサービス)と同じになってしまう

幸せを何か他のモノと比較してしまうことになる
[PR]

by hikiyose-kou | 2015-12-10 17:35