引き寄せの法則 考

hkyse.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 06日

価値フレーム

あるモノが、ある人にとっては非常に価値があること

同じモノが他の人にとっては、何の関心も、価値も見いだせ無いこと

そのモノ自体はなにも変わらないのに

当たり前の事実だな

お宝探偵団(TV番組)に持ち込む人

自分には価値が解らないと

いや、お金や他人の評価が気になるだけでしょ

モノ自体は変わらずあるんだから

体験にも同じ事が言える

ある出来事は、外から見ると悲劇的、あるいはいじわるな人から見ると喜劇的

当の本人にとっては

楽観的な性格の人なら、まあしょうが無いか

悲観的な人にすれば、なんてついてないんだ!

極めてポジティブな人にすれば、これも良い経験、ありがとう

モノに色はない

色眼鏡なのは自分

それが価値フレーム

どんな価値フレームをもつか

それぞれ自分で勝手に決めればいいのだけれど

とかく人と同じが安心とか、他人からのそれを気にする

それってたいして意味は無い

物事は変わらない

(主観的ではあるが)良いことも悪いことも、目の前にある

それを自分がどう受け止めるか

価値フレームをもってみるか

物事はそれぞれだから、単純な価値フレームでははみ出してしまう

ここで、その価値フレームの方向を180度変えてみる

例えば自分の価値フレームは「自分の気分」とする

自分の気分が良いという方向に価値フレームを向ける

慣れないと難しく思えるかもしれない

でもこれができると、いつも気分良く過ごせるようになる

ネガティブに見ることが少なくなっていく

ついネガティブにみてしまっても、修正できるようになる

そして思う

あのいつも優しい人は、こんな風に過ごしていたんだ

決して無理してたんじゃなかったんだ


[PR]

by hikiyose-kou | 2017-06-06 13:22
2017年 06月 05日

自分の行動のほとんどは無意識が司っている

自分で意識して、考えて行動しているつもりでいる

しかしそれはそう思い込んでいるだけだとしたら?

身の回りの様々な情報をいちいち意識して考えてたら、とてもじゃないが頭が回らない

ほとんどは無意識がやっている

歩き出すのも、ペットボトルのキャップを開けて水を飲むのも

ただ単に水を飲みたいと一瞬思うだけで、後は無意識がやってのける

水を飲みたいと感じる事だって、自律神経からそういう信号がやってきて

意識はちょっと反応しているだけだ

水を飲む行為、意識はそれをただぼんやりと観察しているだけで、違うことを考えている

「自分は自分が主体となって常に行動している」はずだと、言う人もいるだろう

なるほど、でもこういう説もある

意識は後から追いかけて、やってしまったことにいつも"言い訳"を考えている

一見、考えて行動しているように思えて、実は後からいろいろ言い訳を考えているに過ぎない

自分で自分を「正当化」しているのだ、いつもいいつも・・・

極端な説に思えるかもしれないが、複雑なこと以外では案外そうなのかもしれない

こういうことも言える

自分を動かしているのは、”心の断片(つぶやき)が無意識に拾われている”

だから、大事なのだ

なにがって、わかるでしょう

「思っていることは顔に出る」

いや、行動にも出る

普段の行動と、(意識した)矛盾する言動は信用されないよね

それって自分じゃ解らないんだろう

だからいろいろ大事なんだ

[PR]

by hikiyose-kou | 2017-06-05 13:34
2017年 06月 02日

他人のせいにしない事から始まるのかもしれないよ

「他人のせいにしない」

そんなこと、子供の頃から言われてる

「だって」と言うと、「言い訳するな」と怒られる

「でも」と言うと、もっと怒られるw

「人のせいにするな」とは、身にしみているはず

大人になっても、他人のせいにしてしまうと言うことは、

呪縛のように形を変えてつきまとう

悪魔のせいにしたり、神様のせいにしたり

運が悪かったり、社会や環境のせいにしたり

言い方は変化するけど、どれも自分から遠ざけるようする

反論されるかもしれないけど、神様を信じることも、そんなことから逃げる口実になっていると自分は思う

ま、それを拠り所にして素直に生きれればそれもありなのかもしれないけど

決して自分のせいではない自分は悪くないと

それ自体が、あらゆる事をちゃんと受け止められていないと言うこと

横を向いてしまっている

そうじゃなくて

良いも悪いもない

ものごとには、そんな余計なことはくっついてない

ものごとは、それ自体でしかない

それを受ける自分自身の受け止め方でしかない

それがいつまで経っても解らない

タンスの角に足の小指をぶつけて、痛くても

タンスのせいでも、運が悪いのでもない

そのへんを静かに冷静に心に置いておくと

腹も立たない

[PR]

by hikiyose-kou | 2017-06-02 18:10